« ふにゃ~ | トップページ | 七月 »

空の境界#2見聞録

空の境界の第2巻、観たー。
ゴメン、よく分からなかった!
その理由は…主に2点。
一つは……原作を読んでいないから?
これは、そうしようと決めたから問題なし。
残りの一つは……あはははははw

順を追って話しますと――
エンドロール観ながら
「あ、今回のツンデレ出演は中田さん(荒耶?)だー」
(前回は鮮花さん?)
――などと一人液晶の前で苦笑してましたよ。ええ。
その後です!


『次回予告』

あああああああああああああああああああああああ
このタイトルが目に入った瞬間、
脳内の一角で緊急会議が最優先招集です。
もちろん、この間、体はフリーズ状態w

「次回って3巻? 3巻ってふじのん?
 ふじのん危険じゃない? 回避しないと!
 いきなり例のシーンだったら…立ち直れ…
 え、ちょ…待……ああああああああああ」

荒耶神父言うところ?の螺旋評定をしている間に
画面は……画面は……街角に……
「一時停止! いや、停止を……もう、らめぇ……」
ねこの断末魔などどこ吹く風。
画面は淡々と……「凶がれーーーーーーーーー」
そしてF・O~

「…………はぁはぁ……」

あまりのインパクトさ加減に、本編の記憶を
収容した脳内メインメモリー1MB
(少な!w)
きれいにデリートorクラッシュw
もうね…にくきゅうで汗握ってましたyo

そんな訳で、式(織?)がちょっと可愛かったとか
ここんトコが分からないとか、きれいさっぱり
忘却の彼方です。

もう一度、観直さないとw

で、これじゃ感想にならないので、外部記憶装置に
入っていた(笑)気になったところを。
式と式父(?)が真剣で稽古していましたよね?
ねこも、知り合いからの受け売りなのでアレですけど
真剣で鍔迫り合いするようじゃ、ダメ、って
聞いてるンですけど、どうです?
剣を剣(しかも刃の方)で受けると、
刃こぼれしちゃって、攻撃力が確実に落ちるって。
しかも、剣は鉄製ですから、言い換えれば鉄の棒です。
相手はそれを力一杯振り降ろしてくるのですから、
受ける方も、その力を相殺出来るだけの
運動エネルギーを剣に与えておかないと、
相手の剣に容易に押し切られて、頭ざっくりです。

なるほど、と思うんですが
でも、相手の攻撃が的確で、剣を使わないと
避けられない場合はどうするんでしょうねぇ…?

あと、飛ばされた式に、式父が切っ先を
突きつけますよね? それで降参って。
あれも、腕を伸ばしきってちゃダメだそうです?
その状態だと、突けないんだそうで、
言われてみれば…そうなのかも?
まぁ、生身の首ですから、突けなくても
頸動脈とか簡単に切れちゃいそうですけど^^;

そうそう。
式のお家って大きいんですねぇ。
衛宮ん家や、遠坂や間桐や藤ねぇん家といい
型月作品の登場人物ってお金持ちさんが多いですねw
いいなーぁ。黒桐君っちはどうなのかな?

…ってか逆か。
特殊能力がある家系だからお金持ちなのかw
アレ? 藤ねぇに特殊能k…(ry

|

« ふにゃ~ | トップページ | 七月 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200392/21928135

この記事へのトラックバック一覧です: 空の境界#2見聞録:

« ふにゃ~ | トップページ | 七月 »